なまず祭りが行われまれました

<えーがや 笑寿う なまずまつり2014>
10月25,26日JR岐阜羽島駅周辺にて「え~がや笑寿うなまず祭り2014」が開催されました。今年は、市制60周年、JR岐阜羽島駅開業50周年、なまず祭り25周年を記念してメイン会場、内容、組織共に一新して羽島市民全体の新しい祭りの創造をめざし、「なまず祭り実行委員会」は、羽島の「食・文化・産業」の魅力を内外に発信するというコンセプトの基、二日間で、実に来場者57000人(夜の部含む)という規模で盛大、盛況に終えることが出来ました。
 今回の祭りでは、商店街の方々、行政、羽島商工会議所、企業、NPO、JC その他のコミュニティと約一年前から実行委員会を立ち上げ、羽島にはどんな魅力があってどんな可能性があり、その上でどんな祭りを目指すのかこれまで各団体と幾度と無く侃侃諤諤の議論を繰り返し、様々な場所へ出向き協働関係を築きながら準備を進めてまいりました。
 当日は、広報部会の宣伝効果もあり多くの来場者が訪れ、ハロウィンの仮装者やのぼりアートはまちを彩り、太鼓や笛の音色は祭りのムードを作り出し各所の催しも大いに盛り上がり、駅前イベントとしては実質初の試みであったため、関係者は当日まで眠れない夜を過ごしてきましたが、そんな心配も笑い話になるほどの盛況ぶりでした。

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました!